FC2ブログ

隅田川雨情 勝鬨橋

「築地大橋」完成までは、隅田川の最も下流に架かっていた橋。
築地と月島を結ぶ「勝鬨の渡し」跡地に、1940年「勝鬨橋」建立。
昔、都電が走り、中央部分が1970年まで高い船を通すため
可動式でした。大きい橋より建設費が安く済むのだとか。
跳ね上げるのを見た記憶がなんとなくあります。

銀座から築地市場・月島・晴海まで伸びる晴海通りの橋。
サラリーマン時代、最後に勤務したビルが市場脇で通りに面し
勤務中、築地市場で仕事後の人々に交じって昼から飲んだ事も。
捕まらないタクシーを求め、銀座から橋の先まで深夜歩いた事も。
また、晴海にあった自動車教習場や、会社の部活で
月島のボウリング場にもよく通いました。懐かしいなぁ。

傘

隅田川雨情 築地大橋

昨日11/6、とあるグループで「隅田川の橋巡り」があり、
猛者は、北千住~浜離宮まで20kmコース、19の橋を制覇。
他は各自の体調を鑑み決定、集結地 浜離宮前まで水上バス派も。
歩く事がメインの会ですが、私は左膝を痛めている関係で、
大江戸線利用&短い徒歩を選択し、ランダムに橋4つを選択。
初渡りの「築地大橋」と、隣の懐かしい「勝鬨/かちどき橋」。
物足りない「新大橋」と、隣の改装工事中「清洲橋」。

長く歩く代わりに、じっくり撮影しようと決めたのですが、
大降りの雨に遭い、終始落ち着けない状況撮影ばかりでした。
撮影画像もみんな同じような暗いモノトーン状態。
まあ、でも雨もある意味いいチャンスかと、ずぶ濡れになり、
片手に傘、急遽コンビ二購入のカッパを着て何とか撮影。
今回掲載は築地市場移転で諸々もめた「築地大橋」です。

築地鏡

岸辺のアルバム 京王線編

止まらない川の流れを、早朝から跨いで急ぐ電車たち。
特に新宿/右方面は、働く人々・学ぶ人々・様々な目的の人々が
満員電車に揺られ、ほとんどが立ちっぱなしで向かっています。
根本的な混雑緩和や複線化されなくても、
黙って、満員電車の混雑に身を任せていますね。
京王線の、いつのも時間、いつもの光景、いつもの始まり。

画像は京王線の電車群。聖蹟桜ヶ丘駅付近の鉄橋を走る勇姿。
ところで鉄橋の正式名は何というのでしょう?
背景に富士山が適度に絡みますが、雲が多くてまあまあでした。
6枚目は多摩川に映る電車を上下反転してみました、

ブログ8000交差

岸辺のアルバム JR貨物線編

多摩川の流れに絡む風景を、最近いくつか撮ってきました。
その電車関連部分は、この「鉄の惑星」に順次掲載予定。
今回は今まであまり撮っていなかった、というか、
チャンスが少なかった電気機関車&貨物です。
何気ない穏やかな岸辺風景に、突如現れる様々な形状の貨物、
それを牽引する数種の電気機関車。絵になりますね。

画像は、競馬場に近い是政橋の隣、南武線と併走する鉄橋で。
「桃太郎」や「金太郎」と書いてある機関車もあるが
電気機関車の世界、勉強不足でまだまだよくわかりません。
それに、不定期に走る、その時間予測もつきません。
もう諦めようと離れると、現れるんだよなぁ。
あっ、アングルも似たり寄ったり。こちらも勉強不足でした。
(横位置画像は右が少し切れているので、クリックしてね)

サッカー