ねえ、鳩さんたち、聞いてます?
ブロンズ製の彫刻お兄さんと鳩のコラボレーション、with、桜。
僅かな時間の、見事?なインスタレーションでした。
千鳥ヶ淵公園に住む3人金属衆たち。なぜか鳩も同じ色で同化。
花見に来た鳩といえども、そこはダメよ、ダメダメ…最近見ないなぁ。
他にも、桜と金属彫刻のテーマでいくつか載せました。

あの


声のトーンは「アタックチャン~ス」の博多華丸あたりでいいかな。
古びた熱海の商店街、静かなシャッター街通りで見つけたキャラクター。
CPクレジット/カメラ坊や人形。略してCP坊やと言うらしい。
昔からカメラは高いからね。この子の名前まで知りませんでした。
何となく遠い記憶にあるような。2015年3月、パシャリと撮影。

もうひとつ、何回か見かけたヨドバシカメラのバス広告。
そのレンズとタイヤの関連、着眼点が超Good!
これは最初に見つけた時の撮影。2013年9月、吉祥寺で。
久々の「鉄の惑星」更新でした。まる。

カメラ



年末から、プラタナスの「樹皮顔」探しのために都心を数回徘徊し、
時間と体力をかなり浪費しています…って、馬鹿ですね。
外苑東通り(早稲田~六本木)、新大橋通り(新大橋~築地市場)、
永代橋通り(永代橋~東京駅)などの街路樹と、
新宿御苑内の並木を端から端までの両サイドは歩いて探索し完了。
知ってはいるがまだ幾つか残る、聖ルカ通り、明大通り、平成通りや
他にも知らない通りもあるかもしれません。もちろん多摩地区も順次。

お陰で都心の地理をまた少し覚えました。息抜きでちょっと別モノも。
画像は12/30、久々に撮った気がするスカイツリーとその近辺で。
一応、金属。何だかやっと風景に定着した感じですね。

緑の惑星、更新しました。

印刷


無料の児童公園にあって、子供がまたがり自分でゆらゆらと動かす乗物。
木馬でもなく、こういう遊具は何て呼ぶのでしょう?
揺れるしかけは色々、大半の児童公園で見かけます(八王子付近だけ?)。
やや遊具フェチの私には、どれもそこはかない哀愁を感じました。
本当は幼児を乗せて撮りたいが身近にいないので無人。
1枚目なんか、自分で揺らしてから離れて撮影。かなりな不審者モード。
自分でまたがり三脚撮影なんかしていたら、もっと危ないですね。
もっとも最近は〇歳まで用とか、取扱い注意的な文言が貼ってあります。
樹脂っぽい部分が多く金属製部分が少ないのもありますが、ここに掲載。

*「緑の惑星」も更新しました。

除草はしていない


7/13、川越の街並を歩き、金属採集。
特に錆がいい味を醸し出し、レトロ感を倍増させますね。
なお、川越の町並みは、緑の惑星でも公開中。


出た瞬間!