昔、沿線に住んでいた東急世田谷線。玉電開通110周年記念イベントで
「幸福の招き猫電車」が運行されているという情報を聞き、
9/27、用事後、下高井戸駅から1日券(330円)で懐かし乗車&散策。
下高井戸駅は暗いので、勘で次の松原駅で降り、反対方向を待ち伏せ。
間もなく2台目で遭遇。その後も三軒茶屋駅などで。
(世田谷線の前身は玉電=玉川線。詳しくは東急電鉄のWEBで)

ちょっぴり幸せ気分でしたが、気になるのは肝心な招き猫の「鼻」部分。
ズバリ言えないが、何だか怪しいフォルムです。特に鼻先の縦線。
モチーフになっている豪徳寺の招き猫の鼻とは何だか随分違う。
何故だろう? すごく気になって豪徳寺で確認。
絵馬にある絵が多少近いが、やっぱり元の鼻部分とは違いました。

画像は、車内猫つり革、他の電車、駅に展示中の昔の電車風景複写も。
環七との交差点では、信号待ちする光景も(最後から3枚目)。

*なお、豪徳寺の招き猫画像は「緑の惑星」をご覧ください。


アップ


お久しぶり。いよいよ9/29デビューの京王電鉄新型5000系の話です。
本日は、運行記念乗車券の先行発売(通常は明日から)と、
残念ながら落選した、一般向け試乗会があった日。
ちょっとプレデビューの雰囲気だけ味わいに、他の用事も含め、
半日沿線を巡ってきました。
雨ニモ負ケズ、なんだか芸能人の追っかけ気分。

切符