上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供向けの絵の資料として、ネットや本などでは見ていましたが
ちゃんと現物を見たのは初めての「はしご車」。
10/3、都心、ビックサイトの「東京国際消防防災展」で遭遇。
地面に伸びた、先端の籠部分にちょっとだけ試乗もしました。
(「緑の惑星」にも展示会関係写真を掲載中)


よく倒れないなぁ




まず足場を固めないと




この状態で乗りました




様になるなぁ




車を押しているわけじゃない


  
コメント

横浜市消防局に、初めての梯子車が登場した時、
梯子に乗って取材しました。
正直な所、怖ろしかったことを覚えています。
消防の人たちは、火消し気質で、明るい人、
お調子もんが多いようです。
---------- SW-Zi [ 編集] URL . 10/07, 01:14 -----

俺はいつも思うんだけどね。
ハシゴ車。高いところでの消火作業、お疲れさまです。
高層ビルの窓から勢いよく放水してるでしょ。
そんとき室内から突然炎が噴き出してきたら消防士はどうなるの。
ハシゴの上だから機敏に身をかわすとか、避ける場所がないでしょう。
どうするの。
---------- 小肥り [ 編集] URL . 10/07, 09:21 -----

▲SW-Ziさん、
そんな時代でしたか。
最初のはどんな感じのボディだったのでしょうか?
はしごはかなり高いし揺れるし、怖そうですね。
会場にいた消防の人々、確かに明るそうな人たちばかりでした。
質問にも丁寧に答えてくれたし。


▲小肥りさん、
確かに逃げ場の無い怖さ。
ハシゴもグーンと後ろにしなりそうだし。
突然火が向かってきたり、爆発したら大変でしょうね。
いくら防火服といっても限界があるでしょう。
そういう時は、ハシゴで上るどころか、
天国にまで昇ってしまうんでしょうね。合掌。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 10/08, 10:37 -----

まあ、赤い消防車を語る皆様方の熱いこと!
少年の心そのまま・・・。
一方、かつて少女だったオバサンは赤い車をみても
まったく反応せず、であります。
この違いがあるから世の中、オモシロい?
---------- ポッチ~ [ 編集] URL . 10/08, 21:39 -----

消防車とはしご車を分けて・・・梯子は鉄の色なんだ。
多摩消防署で、はしご車が伸びてゆく実演を見たことがありますが、
籠に乗った経験はないですね。
梯子の上からの放水は迫力あるんでしょうね。
防災用具展もあったとは・・・見てみたかったなぁ。
---------- eiji [ 編集] URL . 10/10, 22:25 -----

▲ポッチ~さん、
返事が遅くなってすみません。
男と言う生き物は不思議なもの。いつまでたっても子供なのです。
小さい頃の電車・車好きがなどが、大きくなって忘れかけても
ふとしたことでまた、その感覚に戻れるのです。
男の子がいつまでも、お人形さんなんかを持ってたら変でしょ。


▲eijiさん、
「消防車/はしご車」とは、そのうちポンプ車なんかを
掲載する予定という意味です。ひとつずつ、ゆっくりと。
こういうの好きでしたか。
毎年、ビックサイトでやってるみたい。
出初式もどこかでやってるみたいですよ(見てみたい)。
---------- 緑の惑星人 [ 編集] URL . 10/12, 00:39 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://metalplanet.blog.fc2.com/tb.php/5-460fd958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。